お庭に合う間接照明

あなたのお宅のお庭を魅力的に見せる間接照明の使い方があります。

日本の住宅は、なかなか広い庭のあるお宅は少ないですが、小さな空間でも工夫次第で、映画やドラマに出てくるような、おしゃれな空間にすることができます。

庭に間接照明を設置することで、室内と屋外が繋がって見えたり、空間に奥行きが生まれるので、広がりも生まれます。

また、庭と言えるほどのものがなくても、1本の樹木を間接照明で明るくするだけで、印象を変えることができます。

例えば、玄関入口にプランターを設置しているお宅は多いですよね。

そのプランターを上からスポットライトで照らしててください。

上から照らすと、床面に光りが広がるため、植物を見せると同時に明るさも確保することができます。

おしゃれな雰囲気に合わせて利便性もあり一石二鳥ではないでしょうか。

また、玄関のシンボルツリーのあるお宅も多いですよね。

そのシンボルツリーも、差し込み式のLEDスポットライトなどで、下からライトアップしてみてください。

1灯でも十分明るく、葉が茂る時期には、より印象的に見えます。

樹木のライトアップでは、樹木の成長に合わせて、器具の取り付け位置を変えられる差し込み式がおすすめです。

お値段も非常にリーズナブルなものがありますよ。

屋外用のコンセントから電源をとる間接照明は、後からの設置が非常に簡単です。

どうしても家の中の間接照明ばかりに気を取られがちで、お庭まで気が回らないかもしれませんが、お庭に間接照明を取り入れるだけで、いつもの暮らしが、より楽しくなりますよ。

ぜひお試しください!

間接照明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>